玄米、雑穀のレシピ

たかきび餃子

たかきび餃子

当店で取り扱っているたかきびは、もち系なのでタネとよくからみ、挽肉の時みたいにバサツキ感はまるでなし。
にんにくやしょうがを効かせているので、パクパクとついつい手がのびる…そんな餃子になりました。
冷えると少しかたくなるので、ホットプレートなどで作り、アツアツをみんなで食べるなんておすすめですよ。
たかきびは多めに炊いておくと、挽肉のかわり(ミートソース、麻婆豆腐など)使い回しができるので便利です。

たかきび餃子

弾力のある食感とコクのある味、炊き上がりの色はまさに挽き肉。

雑穀の中ではカロリーが最も少なく、赤ワインと同じポリフェノールを含みます。
豊富なカリウムを筆頭にマグネシウム、カルシウム、鉄などのミネラルをバランスよく含み、食物繊維も多く含みます。


たかきび

■材料(4人分)
たかきび1カップ
キャベツ300g
にら50g
餃子の皮32枚
しょうが、にんにくお好みで

■作り方

タカキビは30分ほど吸水させ、1・1/4カップの水で炊く。
最初強火、吹いてきたら上下が代わるように混ぜ、弱火で15分。火を止め10分蒸らす。

キャベツは茹でてみじん切りにし、塩をまぶしてぎゅっと絞る。
にらはみじん切り。

ボウルに②を入れ、ゴマ油大さじ1を加えてよく混ぜておく。

炊き上がった高黍にしょう油少々としょうが汁を加えて混ぜ、③と片栗粉大さじ1を加え、さらに混ぜ合わせる。

餃子の皮に④をのせ、皮のふちに水をつけ手半分にとじる。

フライパンで蒸し焼きにする。


新規会員登録するだけで
100ポイント(100円相当)
プレゼント実施中!!


FOOD ACTION NIPPONロゴ

米粉倶楽部 

*万全安心なセキュリティ*
 
お客様の個人情報を扱う箇所は全て、SSL暗号通信により情報を暗号化して送受信しますので、 クレジットカード番号や住所などの個人情報を安全に取り扱うことができます。どうぞ、安心してごゆっくりお買い物をお楽しみください。

 

くわしい説明はこちら 

☆250g入り単品雑穀☆

国産「そばの実」(250g)

そばの実には、ポリフェノールの一種「ルチン」が豊富に含まれています。
この「ルチン」は塩分などで傷みがちな毛細血管をしなやかに強くし、血圧を下げる効果もあると言われています。抗酸化作用もあるので、活性酸素を分解、血流改善によって、肩こり改善やアンチエイジングの効果も期待できます。

岩手県産「はと麦」(250g)

利尿作用があり、脂肪代謝を高め、毒素を排出する力が強い雑穀。
お酒を飲んだ翌日は、顔や手足がむくみがちですが、はと麦を食べると尿がよく出て、体内の余分な水分を外に出すことができます。その他、血流やリンパ液の流れもスムーズになるので、美容効果も優れているのが女性には嬉しいですね。

岩手県JA花巻管内産「うるちひえ」(250g)

ヒエは脂肪分が多く、炊きたてはもっちりしていますが、冷めるとパラパラになります。
玄米の約2倍のビタミンB1を含みますので、東北地方で食べられていたヒエ飯(白米に2.3割ヒエを混ぜる)は栄養面からみても理にかなっています。
体をあたためる働きがありますので、味噌汁やスープに入れるとポッカポカ♪

青森県産「もちきび」(250g)

ご飯に入れるとふんわりとした食感とほんのりとした甘味が嬉しい雑穀。噛めば噛むほど甘みともちもち感が口いっぱいに広がります。秋の栗ごはんや芋ごはん、きのこごはんに入れると、おいしさと栄養バランスがアップします。

岩手県二戸市軽米町九戸村産「たかきび」(250g)

挽肉料理にお肉の半分をたかきびに変えると、カロリーがぐっと抑えられ胃もたれしないおいしい仕上がりになります。ハンバーグ、ミートローフ、ミートソース、餃子などひき肉の代わりに使ってみてください。

岩手県産「もちあわ」(250g)

あわは、紫外線の害による日焼け防止効果が高いので、少数民族が住む高冷地では、昔から皮膚病や離乳食につかわれています。
また、ビタミン剤といっていいほど良質なビタミン類(カリウム、カルシウム、ビタミンB1、B2、ナイアシンなど)が多く含まれています。

国内産 「緑米」(250g)

緑米は亜鉛やマグネシウム、繊維質を豊富に含み、精神安定、血液浄化に効果があると言われています。環境の変化や気温の差が激しいこの時期、様々な不調が体と心にも現れてきます。そんな時には緑米を入れたご飯。清々しい香りと瑞々しさにほっとするおいしさです。

国内産 「黒米」(250g)

黒米には紫外線の害を防いだり、肌が滑らかになり髪の毛を黒くし、若返りの効果もあるなど美容ビタミン(ビタミンB2)がたくさん含まれています。まさに女性に嬉しい雑穀ですね。

国内産「赤米」(250g)

この時期におすすめの体を温める雑穀。女性は男性より熱を発生させる筋肉量がが少ないので冷えやすく、卵巣や子宮などの生殖器官は特に冷えに弱いのです。黒米と同じく色素がある古代米ですが、ほんのりとピンク色になって、何とも上品な御飯ができます。お祝の席やお寿司にもおすすめ。

ショッピングガイド

雑穀

玄米、雑穀のレシピ

あなたにぴったりの雑穀選び

メディア掲載

料理教室、イベント関係

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

数量限定、新サービスなどのお得な情報をいち早くお届けいたします。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ